暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

渋沢栄一エピソード

平岡円四郎暗殺で途方に暮れる渋沢栄一を助けたのは?

人材登用のため関東に向かった渋沢栄一(篤太夫)とと喜作(成一郎)の元に京都で平岡円四郎が暗殺されたとの知らせが届きます。

渋沢の回顧録によると、旅の途中だったので平岡の死を知ったのは事件から2週間ほどあとのことだったそうです。

一橋家に仕官して間もない二人は、頼りになる人を失い途方に暮れますが、そんな二人の面倒を見てくれたのが黒川嘉兵衛(くろかわかへえ)でした。

京都に戻った栄一と喜作に対し黒川は、今後も一橋家のために働くようにと言ってくれたそうで、二人は望みがつながったと安堵したそうです。