暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

スキンケア

日焼け

日焼けは皮膚の炎症で、紫外線を浴びることでメラニン色素が皮膚の表面に沈着することでおこります。私たちの皮膚は紫外線を浴びるとメラニン色素の働きにより皮膚を保護するのですが、メラニン色素の防御能力を超えてしまうほどの紫外線を浴びたときに日焼けとなるのです。肌が白い人は、肌が黒い人と比べてみると、日焼けしやすいのは、このメラニンの保護能力が少ないからです。日焼けが起きる最大の原因はもちろん紫外線です。紫外線の中には種類が3つあり、それは短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線です。
紫外線はガンの原因となる場合もあるので、日焼け止め効果のある化粧品(UVカット)やオイルなどを使うようにして、必要以上の紫外線を浴びないようにする必要があります。特に肌が弱く日焼けをすると赤く腫れてしまうような人は、日焼け止めクリームを塗ることで、肌へのダメージを緩和することができ、日焼け時のヒリヒリ感をやわらげてくれます。