暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

個人事業主の税金

法人化(ほうじんか)

個人事業主と法人の税金の違いは何でしょうか?会社を立ち上げ法人化したほうが節税ができるということをよく聞きます。


個人事業主は所得税、法人は法人税を払いますが、社長ひとりだけの会社でも、社長への報酬には所得税が課せられます。


一般的には個人事業主から法人への切り替え時期は、年収が500万円を超えたころだとされています。


500万円を超えた場合、法人の方が節税効果が高くなるからです。また、消費税についても法人化してから2年間は免除されますから、これだけでもけっこうな節税となります。


個人事業主の場合は事業から得た収入と家計との明確な区分けができませんから、実際にどれくらい利益がでているかを知ることが難しくなります。


法人化することで家計と経営を完全に離すことができます。また、法人にしたほうが営業はやりやすくなります。


個人事業主とは取引をしないという会社もけっこうあります。法人化することで、これまで門前払いであった会社とも取引きをするチャンスがでてくるのです。