暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

出産

仕事を持っている女性の出産の休暇

働いている方は出産時には、どうしても仕事を休まなければなりません。国が定める労働基準法では出産前と産後に休暇が取れるようになっています。基本的には出産前は6週間、産後は8週間の休暇が取れ、多胎妊娠である時は出産前に14週間休暇が取れる決まりがあります。

産後の休暇が終了しても、子供が満一歳まで仕事を休む事が出来る育児休暇もあります。これは女性だけではなく男性も申請する事ができる休暇になっています。ただ、産前産後の休暇の日数、育児休暇は会社によって規定が色々ですので、必ず勤務先に確認をしましょう。育児休暇を取っていても休業前の二年間、一定の日数を勤務してた方は育児休業給付金が受け取れます。

雇用保険から支給されるもので、金額は、もらっていた給料などによって個人個人違いますが出産で働けない方にはとてもありがたい制度です。以前に比べれば、出産する女性や子育てしながら働く女性に優しい雇用制度が考えられています。しかし、復職するにあたって問題がでてくるのは子供の預け先です。保育園など入るにも激戦区の所が多く女性が安心して働く事ができる社会には、まだ届いていないのが現実です。

出産準備