暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

北条義時エピソード

頼朝の子千鶴丸を殺害した伊東祐親

伊東祐親(いとうすけちか)は伊豆国の豪族です。

平家の後ろ盾を得た祐親は、伊豆国で一番の勢力となり、配流となった源頼朝の監視役でもありました。

祐親が大番役の務めを果たすため京都に滞在している3年の間に、祐親の娘八重(やえ)と頼朝は密会を重ね子供(千鶴丸)までつくっていたのです。

京から帰国した祐親はそのことを知り激怒します。

平家に知られたら大変なことになると考えた祐親は千鶴丸の殺害を家来に命じます。

千鶴丸はおもしの石を括り付けられ川に沈められ殺害されました。

さらに祐親は頼朝を捕らえようとしますが、祐親の子祐清(すけきよ)が頼朝を助け北条館に逃がしたのです。