暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

北条義時エピソード

父伊東祐親の命令で江間次郎に再嫁した八重

伊東祐親の娘八重(やえ)は、父が京都大番役で家を空けている間に源頼朝と恋仲になります。

音無神社で密会を重ねた八重と頼朝の間にはやがて千鶴丸が誕生しました。

3年の務めを終え帰国した祐親はふたりの仲を知らされ驚きます。

追い詰められた祐親は自分の孫でもある千鶴丸を殺害し、さらに八重と頼朝を別れさせるため、強引に江間次郎(えまじろう)の元に八重を嫁がせたのです。

八重が再嫁した江間次郎ですが、どのような人物なのか記録がほとんどありません。

北条義時は江間小四郎を名乗っていた時期がありますが、江間次郎と義時は別人だとする考えが一般的です。

江間次郎と八重は千鶴丸を弔うため「西成寺」を建立したとの言い伝えがあり、その西成寺は現在 「最誓寺(さいせいじ)」と名を変え静岡県伊東市に存在しています。