暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

冠水車

冠水車の需要

冠水車は市場でどのくらいの需要があるのでしょうか。個人的にはいつ壊れるかわからない自動車を買いたいとは思わないのですが、中には安ければ購入してもいいよ!と考えている人がいるのかもしれません。


水に浸かってしまった自動車は修理しても元に戻ることはありません。外見はきれいでもエンジンや電気系統、コンピューターに何らかの問題が残るからです。


自分の所有する車が冠水車となってしまったとき、ほとんどの人が新しい車に買い替えるか廃車にします。買い替える場合、ディーラーに無料で引き取ってもらえますが、買い替えの予定がないのなら、廃車にするか買い取ってもらうかのどちらかになります。そのまま所有していても税金を払わなければならないので無駄となります。


廃車にすればお金がかかるので、できれば買い取ってもらいたいと考える方もいるでしょう。実際、冠水車を買い取ってくれるお店はけっこうあります。


冠水車をどのくらいの金額で買い取ってくれるのか知りたい人はインターネットで一括査定をしてみましょう。必要事項を記入するだけで査定してくれますから、自分の車のだいたいの相場がわかります。


冠水車を査定すると、思っていたよりも高値がつくことがあります。買い取り業者はボランティアではないので、それだけの金額を払っても利益がでる仕組みがあるのでしょう。


冠水車を修理して再び販売するよりも、使える部品を取り出して再利用するのだそうです。自動車の部品ですから、ひとつひとつがそれなりの値段がつくからです。