暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

生活

日本でカジノが合法になるとギャンブル依存症が増える?

ギャンブル依存症

日本でカジノができるようにする「カジノ構想」ってもう何十年も前から議論されています。

賛成派、反対派の意見が分かれ一向に話しが進んでいなかったのですが、ここにきて急に現実味を帯びてきました。

すでに日本にはパチンコや競馬、競輪、競艇などのギャンブルが存在します。誰でも簡単にギャンブルができる環境です。

観光立国を目指す日本政府は、外国からの観光客を増やす観光資源としてカジノを活用したいようです。

すでにギャンブル天国の日本ですから、カジノが解禁されればさらにギャンブル熱が高まるのでは?との懸念もあります。

ギャンブル依存症の問題もあります。パチンコや競馬にはまり、かけ事なしではいられない人たちが増えています。

ギャンブル依存症による家庭崩壊、自己破産などは社会問題になっています。

カジノ反対派の人たちはカジノが解禁になるとギャンブル依存症がさらに増えると言っています。

そもそもカジノってどのようなものなのでしょうか?ニュースの映像でしか見たことがありません。

カジノのシステムや遊び方、ギャンブル依存症についてネットで調べてみました。

暮らしと生活便利館・おすすめサイトギャンブル依存症、カジノに関するおすすめサイト

120ヶ国で合法のカジノ、公営賭博大国・日本で非合法の理由とは? 法制度・道徳の影響

2020年、戦後日本で初めて、合法的なカジノができるかもしれない。過去、合法化が検討されながら、様々な問題のため実現できなかったカジノ。世界120ヶ国以上では合法にも関わらず、日本ではなぜ非合法な状態が続いてきたのか。

東京五輪を視野にカジノ法案再提出へ

昨年の衆院解散でいったん廃案となった「カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案」(カジノ法案)が今国会に再提出され成立を目指す。カジノ解禁は安倍政権が成長戦略の柱と位置付けており、2020年の東京五輪に合わせたカジノ施設の開業を目指している。

カジノ効果6,000億円 臨海部再開発に弾み、雇用創出6万人超

カジノ法案の行方が不透明の中、カジノが解禁された場合の有力候補地の一つ、横浜市で、カジノ構想を様々な角度から議論するパネルディスカッションが6月23日午後12時から、山下公園前のホテルニューグランド(横浜市中区)で開かれる。

カジノ関連銘柄の「本命」を狙え!

日本でカジノ銘柄といえば、日本金銭機械、テックファーム、オーイズミ、セガサミーホールディングス、コナミなどがあります。・日本金銭機械はカジノ向けの紙幣鑑別機で米国でも大きな支援を持ちます。・テックファームは日本金銭機械の米国子会社と提携して携帯を利用した決済システムを開発しています。

日本人へのカジノ入場料1万円は果たして正しいか?

通称「カジノ法案」(正式名:特定複合観光 施設区域整備法案)が国会に再提出されたことに伴い、日本におけるカジノの合法化がいよいよ現実味を帯びてきている。カジノ法案は2013年に一度提出されたが審議が進まなかった。理由は公明党らが「ギャンブル依存症への悪影響がある」と主張し反対したことだ。その点を踏まえ、

カジノゲームの遊び方 | カジノイベント総合プロデュース企業 株式会社ブライト

1.カジノゲームのルーツ17世紀からヨーロッパ各地に広まったルーレットはフランスがその発祥地です。もともとは数学者のパスカルが確立の計算の為に発明したのが、現在のルーレットの原型であるとされています。また、実際にギャンブルとして導入したのは、パリの警察が公平なギャンブルを推進するためであったとも言われています。

カジノ初心者のためのマカオカジノ入門(カジノのルール)

やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方(ルール)をレクチャーします!まず、マカオカジノの基礎知識です。●マカオのカジノは24時間営業。思う存分、好きなだけ遊べますよ。●入場は無料です。見るだけOKです。●フェリーターミナルや關閘(中国珠海との国境)などの間に、各カジノが無料のシャトルバスを走らせていますので、上手に利用しましょう。

ギャンブル依存症と借金

ギャンブル依存症とは、賭け事から抜け出せないという精神疾患の1つです。人によってギャンブルの種類は様々ですが、パチンコやパチスロ、そして競馬や競輪、競艇などがあります。ギャンブル依存症の場合は、時間があれば

カジノとギャンブル依存症における日本の誤った認識

厚労省発表「ギャンブル依存症536万人」の一人歩きカジノの合法化作業が進められる中、厚労省からショッキングな数字が発表された。日本におけるギャンブル依存症と疑われる人が推定536万人いるという情報だ。仮にこの数字が事実だとすれば人口の約5%に達し、諸外国の平均1~2%と比べ、突出していることになる。そのインパクトもあってか、この数字はメディアでも度々取り上げられた。その多くはカジノ解禁の話題の中で取り扱われたため、結果として「カジノ」と「ギャンブル依存症536万人」

“ギャンブル依存症” 明らかになる病の実態

ギャンブル依存症の専門病棟がある、福岡県の病院です。入院中の患者Aさんです。これまで、ギャンブルをやめようとしては失敗を繰り返してきました。2か月間治療に専念していますが、時折、落ち着きがなくなり不眠に悩まされるといいます。Aさん「ある程度はやっぱりイライラしたりとか。今までやっていたものを急にやめる、薬もなくやめるわけなので眠れなくなる。」

ギャンブル依存症 チェック

ギャンブル依存症かどうかを自己チェックすることができます。全部で16項目の質問に回答して点数を合計します。合計点数で判定します。

家族の「ギャンブル依存症」にどう対処する?

ご主人がギャンブル依存症だと分かったきっかけは?以前から、「借金がある」と2回聞いていたのですが、3回目に打ち明けてきたとき、同時に「自分は病気だ」と言われたのです。彼の状態を聞いて調べるうちに、パチンコの「ギャンブル依存症」だと気づきました。

家庭崩壊に向かっています。夫がまたスロット中毒になりかけています。

以前にハマっていたときは週に2回と決めていたのですが通勤に使うバス停の前がスロット屋なため毎日顔をだし良い台があったらやってしまうの繰り返しでした。借金はなかったのですが私が働いていて