暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

軍師官兵衛

宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)の怨念?合元寺(赤壁寺)

黒田官兵衛、長政の謀略によって、宇都宮鎮房(うつのみやしげふさ)は中津j城で騙し討ちにあい非業の死を遂げました。

鎮房につき従ってきた家臣たちは、合元寺に待機させられていましたが、黒田家家臣の襲撃を受け全員殺されています。

その時の返り血が壁を真っ赤に染め、何度ふきとっても落ちなかっったそうです。宇都宮一族の怨念か?血の跡を目立たなくするため壁を赤く塗りなおしました。

そのため合元は赤壁寺(あかかべでら)とも呼ばれています。