暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

病気の症状と治療

なんとなく気分が晴れない!ときの対処法

仕事で失敗したり、人間関係でトラブルがある訳でもないのに、なんとなく気分が晴れない!そんなもやもやした感情を抱くことは誰にでもあります。

恋人や友達、家族に相談しても原因がよくわからないので、相談された方も困ります。愚痴を聞いてあげるぐらいしかできません。

話しをしたことですっきりする場合もありますが、またしばらくするともやもやした感情が復活します。

なんとなく気分が晴れない!なんとなくもやもやする!このような感情を軽減するにはどうしたらいいのでしょうか?

大別すると、気分が晴れない原因をつきとめる方法と、気分が晴れない原因はつきとめずに、現状の認識と未来のことを考える方法があるようです。

どちらが良いのでしょうか?気になったので調べてみました。

暮らしと生活便利館・おすすめサイト「気分が晴れない」に関するおすすめサイト

気分が落ち込む方は「うつ症状」等が考えられます。~マンガで分かる心療内科~

ちょっとしたことで気分が落ちるあなた。打たれやすく落ちやすい。自分が弱いからダメなのかなと思わないで下さい。気分が落ち込むのは、精神疾患である可能性があります。あなたの辛い症状を、「社会性が無い」とか「甘えている」とかの批判を生真面目に受け止めたところで、実際は何の改善もみられないのではないですか?

うつ病一歩手前と単なる気分の落ち込みの違いを見分ける黄信号6つ

突然ですが、“一時的に感じる気分の落ち込み”と、“うつ病の一歩手前ともいえる要注意のストレスサイン”、その違いを見分けられますか? 毎日生きていれば、元気な日とそうではない日があると思いますが、要注意なサインを見分けるすべを持たないと、気が付けば心の病になっしまう恐れも……。

おしゃべりしすぎた後に気分が落ち込む

頻繁に、というわけではないのですが、ストレスが溜まっているときにペラペラしゃべりすぎてしまいます。ストレスの原因はその都度違いますが、以前は主に仕事、今は育児などです。先日は年少の娘がどうしても幼稚園に行かないと頑張り、てこでも動かない様子なのであきらめて休ませました。そして児童館に連れて行ったら、幼稚園を休んだ興奮からか飲まず食わずで遊び続け、児童館の乳幼児ルームから帰れなくなってしまいました。

孤独で寂しい私への焦燥感、居ても立っても居られない気分

この頃、こんな状態の私に対しての焦燥感、残念な思い、憐れな思い、惨めな思い、などが突然こみあげてきて居ても立っても居られないような気分に襲われる時があります。かといって外に出ていく勇気や気力もないのです。50近くにもなっているのに、こんな私に母はきっと「わがままで甘ったれ」と言うんだろうと想像して余計に体が重くなる感じなのです。

どうしても気分が晴れない……“心”がカゼをひいてしまったときの処方箋

いつもは元気で明るいのに、ふとしたことで気持ちが沈みこんだり、悲しくなったりしてしまう……。そんなことはありませんか? 自分でも驚くほどユウウツな気分になったり、自信をなくしてしまったり……。誰でもそんなときがあるはず。でも心配しないで、それは“心”がカゼをひいたようなものなのです。

五月病なんかにならない! メンタル強化で上手に今の時期を切り抜けよう!

精神的に落ち込んでしまう、気分が晴れない……そんなとき自分のメンタル面の弱さを責めていませんか? じつはあなたの精神ではなく、ホルモンバランスの乱れという生理的なことが本当の原因となっているかもしれません。そんなホルモンレベルの不調は意志の力ではどうしようもありません。そんな場合は、幸せホルモンとも呼ばれる“セロトニン”を増やすことを考えてみましょう。

秋に気持ちが落ち込む人がすべき3つの抑うつ対策

冬季うつに限らないことですが、気持ちの落ち込みを感じるときは自分の本当の気持ちを正しく知り、心を揺さぶっている重圧について認識する必要があります。よくないのは、気持ちが落ち込んでいるのに、対処の必要性に気付かないことです。例えば、気持ちの落ち込みは自分が弱いせいだ、といった観念が強い方の場合、

落ち込んだ時に試したい「認知行動療法」の考え方

秋から冬にかけてはふだんより気持ちが沈みやすい季節かもしれません。秋の夕日に心がしんみりすることもこの季節特有のマイルドな気持ちの落ち込みといえるでしょう。日が短く、夜が長くなるこの季節はそれ自体、うつ病のリスク要因のひとつです。今回は気持ちがふだんより沈んだ時に試してみたい認知行動療法的な対処法を詳しく解説します。

プチうつかと思い、心療内科に行くべきか迷っています。

・仕事や今後に対して漠然とした不安を感じる・不安で不安で仕方なくなると、「死にたい死にたい死にたい死にたい」と思わず連呼する。(人には聞こえないように)そうすると少し気持ちが落ちつく。・気持ちの浮き沈みが激しい・人や友人と談笑することはできる(ひとりになった時の気分の上下が激しい)笑顔になると、一時的にでも元気になれる・仕事での失敗の話や、対人関係の悩みなどを、恥だと感じて、家族や友人に打ち明けることができない

将来に対する漠然とした不安との向き合い方

今は家族がいることで安心感もあり、非正規雇用である利点として時間の融通をきかせた生活をし、親類といることに喜びを覚えていますが、いずれは独りになる身です。恋人はいますが共に暮らせる確約はありません。仮に暮らせたとしても、死ぬまで別れないとも限りません。餓死、孤独死、病死、事故死、自分の命がどう終わるかすら、そもそもわからないことなんだということを考えると、今抱いている不安は考えても仕方のないものにも思えてきます。こういった取り留めの無い悩みや不安に向き合い、受け入れ、肯定的に目の前の道をしっかりと歩むにはどういう見方を心がければ良いのでしょうか。

「不安で眠れない」時に一流コンサルが行う論理的な解決方法

ビジネスはシビアである。 成果が出れば報われ、成果が出なければ冷や飯を食わされる。そのプレッシャーに耐えることができず、不眠に悩まされる人も多いだろう。 「明日、大事なプレゼンテーションがあるが、目が冴えて眠れない」「やらなければならないことがありすぎて、気になって眠れない」「将来の不安で寝付けない」 そんな人も多いのではないかと思う。