暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

花粉症対策

花粉症対策の漢方

花粉症に漢方が効くというのをご存じでしょうか。漢方には漠然と健康に良いというイメージがあるかと思いますが、花粉症にも効果を示す漢方があるのです。花粉症は、漢方では2つのタイプに分けられています。1つは冷えタイプと言われ、サラサラの鼻水やくしゃみが出るのはこのタイプです。2つ目は熱タイプで、鼻水が黄色っぽく、目やノドなどの粘膜が赤くなります。これらはそれぞれに適した漢方があり、冷えタイプは小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が、熱タイプは天津感冒片(てんしんかんぼうへん)が良いと言われます。他にも、免疫力を上げたいなら補中益気丸(ほちゅうえっきがん)がおすすめで、花粉症体質を変えるためには杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が効くようです。ですが、漢方の名前は難しく覚えにくいため、専門家に聞いてみるものいいかもしれません。最近では和漢診療科がある病院も増加傾向で、漢方が広く浸透し身近になってきました。治療というよりも予防に近い方法ではありますが、体内からじっくりと改善してくれるため安全性は高いです。また、眠くなるといった副作用の心配が少ない上に、冷え性にも効く副次的効果もあるということでおすすめ方法です。

花粉症対策