暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

西郷どんワンポイント雑学

小吉を負傷させた尾田栄作(横堀三助)

西郷隆盛は小吉と呼ばれていた子供時代に右腕を負傷しました。

妙円寺詣り(みょうえんじまいり)と呼ばれる行事の最中に、他の郷中(ごじゅう)の稚児ともめ事が起こります。

小吉に恨みをもった尾田栄作が、後日小吉を襲い右腕を負傷させました。

小吉を襲った人物は大河ドラマの中では尾田栄作という設定ですが、通説では横堀三助(よこぼりさんすけ)だとされています。