暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

健康

熱が出ても体温が39度以下なら熱を下げないほうが良い!

風邪をひくと喉が痛くなったり、体が熱っぽくなります。


体内にウイルスが入り増殖すると、細胞が炎症を起こし熱をだします。ウイルスは熱に弱いので、発熱することでウイルスを退治しようとしているのです。


ですから、風邪を引いたら無理に熱を下げようとしないほうが回復が早くなるというデータもあります。


風邪に罹ったら、栄養をとり体を休めるしかありません。風邪薬を服用してもあまり効果はないのです。


ただし、体温が39度を超えて辛いときは、解熱剤などを服用して熱を下げるようにしましょう。水分補給と栄養をしっかりとるようにすればやがて回復します。