暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

健康

牛乳は脂肪分が多いので、高脂血症の人は注意!

栄養価の高い食品は何ですか?と質問すると多くの人が牛乳と答えます。


最近は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防のため年配方でも積極的に牛乳をとる方が増えています。


成長期の子どもにとって栄養価の高い牛乳を摂ることは良いことなのですが、大人の場合注意が必要です。


カルシウムなどの栄養が豊富な牛乳ですが、脂肪分が多いという特徴があります。そのため牛乳を飲み過ぎると中性脂肪の値が上昇してしまうのです。


男性、女性関係なく、年をとると代謝が落ちて脂肪がたまりやすい体になります。中性脂肪の増加は、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの原因となります。


牛乳を毎日飲む習慣のある人は、低脂肪や無脂肪の牛乳も選択肢のひとつに入れるようにしましょう。