暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

真田三代 謎の人物 祖父真田幸隆(さなだゆきたか)

信繁の祖父真田幸隆(さなだゆきたか)は謎の多い人物です。いつ頃生まれどんな生活を送っていたのか史料が存在しないのす。


最初は幸綱(ゆきつな)を名乗っていましたが、途中で幸隆に改名したようです。


もっとも戦国時代に名を上げた武将の多くが出自不明であり、幸隆だけが特別ではありません。


信濃国の小豪族であった幸隆に関する史料が残っていないのは当然といえば当然なのです。


「甲陽軍艦」には、幸隆が北信濃で勢力を持っていた村上義清と敵対していたことが記されています。


幸隆の名が知られるようになったのは、武田信玄の配下となり戸石城(砥石城)を調略したころからです。