暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

伊達政宗の援軍を期待した北条氏

北条氏は徳川家康以外にも奥州の伊達政宗と同盟を結んでいました。家康が豊臣秀吉に臣従したのちも、北条氏の強硬派が強気でいられた要因のひとつが政宗との同盟だったのです。


北条氏が名胡桃城事件を起こす直前に、伊達と蘆名の間で摺上原の戦い(すりあげはらのたたかい)が行われます。


奥州の統一を掲げた伊達政宗は、会津の名門蘆名氏をこの戦いで破り滅亡に追い込みました。会津を手に入れた政宗は奥州の覇者となります。


名胡桃城事件が北条氏の強硬派によるものだとしたら、この摺上原の戦いの影響は少なからずあったでしょう。どちらも秀吉の出した「関東、奥州惣撫事令」に違反する行為です。


「惣撫事令」を無視した政宗の行動に北条の強硬派が勢いづいたことは十分考えられます。


たとえ豊臣秀吉の大軍が攻めてこようとも、天然の要害である箱根山と、鉄壁の守りを誇る小田原城に伊達の援軍が加われば、勝ち目はあると考えていたのでしょう。