暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

真田昌幸を暗殺しようとした室賀正武(むろがまさたけ)

信濃小県の国人室賀氏は武田信玄に仕え、武田滅亡後は徳川の配下になったとされています。


真田氏とは不仲であったとされていて、真田昌幸が小県の国衆の盟主的な存在になると、これに不満を持ち独自の行動をとるようになります。


沼田領問題で徳川家と真田家が対立すると、徳川家康は昌幸の暗殺を室賀正武に命じたとされています。


しかし、暗殺計画は昌幸の知るところとなり、上田城に招かれた室賀正武は、昌幸の家臣によって殺害されました。


本当に暗殺計画があったのかはよくわかっていません。小県や佐久の国人衆をまとめるために、真田に反感を持っている室賀を誅殺しただけかもしれません。