暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

真田とり 真田信繁の祖母 恭雲院喜山理慶大姉(きょううんいんきざんりけいだいし)

とりは、真田幸隆の妻、昌幸の母、信幸と信繁の祖母。


真田家の家臣河原隆正(かわらたかまさ)の妹だとされています。


とりに関しては史料がほとんど残されていないので、どんな人物であったのかは不明です。


大河ドラマ真田丸の中では、とりという名前で呼ばれていますが、実際の名前はわかっていません。


1536年に幸隆と結婚して信綱、昌輝、昌幸、信尹と娘二人を産みました。


1593年頃に亡くなったようです。戒名は恭雲院喜山理慶大姉(きょううんいんきざんりけいだいし)