暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

豊臣秀次100万石の大大名

小田原の北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は家臣に対し論功行賞を行います。


このとき豊臣秀次は尾張と北伊勢のうち五郡を与えられました。


秀次の所領は近江20万石(宿老の所領も合わせて43万石)から尾張、北伊勢五郡に加増されるのですが、このときの所領の石高は100万石あったといわれています。


100万石には旧領の近江も含まれるのか?北伊勢五郡は秀次が統治したのか?秀次の所領だけで100万石か?宿老の所領も含めて100万石なのか?など不明な部分が多々あります。


本当に100万石あったのかは謎ですが、大幅に加増されたことに間違いはなく、秀吉の身内として期待されたことは確かです。