暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

黒駒の戦いと徳川、北条の和睦

武田の領地であった、甲斐、信濃、上野をめぐる徳川と北条の争いは、北条が5万ともいわれる大軍を甲斐に派遣し、徳川軍1万と若神子(わかみこ)で対峙します。


数に勝る北条は徳川を囲もうと兵を動かしますが、これを察知した徳川の武将 鳥居元忠が北条氏邦を打ち負かし戦功をあげます。その後、両軍は膠着状態となります。


甲斐の国人衆の多くを味方に引き入れた家康は、信濃にも手を伸ばし、真田昌幸と木曽義昌を寝返らせることに成功します。


大軍を動かし兵粮の心配の出てきた北条と、国衆の調略では有利に展開するも、兵力では圧倒的に不利な徳川は、ここらが潮時だと判断します。


厳しい冬将軍が訪れる前に両者は和睦をしたのです。


その結果、信濃と甲斐は徳川、上野は北条のものとなりました。