暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

豊臣秀次の所領と宿老

豊臣秀吉は四国の長宗我部元親を服属させた後に論功行賞と配置替えを行います。


このとき豊臣秀次は近江八幡山城主となり20万石を与えられました。


さらに、秀吉の家臣であった中村一氏、梶尾吉晴、山内一豊らが宿老として秀次に付けられました。


宿老の所領が23万石分あり、秀次は近江国のうち43万石を領有したことになります。