暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸

武田勝頼新府城(しんぷじょう)に火をかけ人質を焼き殺す

織田・徳川連合軍が甲斐に侵攻する中、武田勝頼は新築(未完成)の新府城を捨て小山田信茂の居城岩殿城を目指し落ち延びていきます。

「信長公記」によると、勝頼は退去する際に新府城に火をかけ、人質を焼き殺したそうです。

人質たちの泣き叫ぶ声があたりに響いたとされています。

裏切った場合、人質は処刑されるのが戦国の決まりですが、あまりの凄惨さに声もでなかったと記されています。