暮らしと生活便利館--シンプルスタイル--

真田丸雑学

真田氏は海野氏の支流

真田氏は海野氏の直系ではなく、海野氏の一族(支流)であるとする説が今のところ有力となっています。


海野氏の当主 海野棟綱(うんのむねつな)の娘が、土着の豪族であった真田頼昌(さなだよりまさ)と結婚して二人の間にできた子が真田幸隆(さなだゆきたか)だとされています。


ちなみに幸隆は次男であったようです。頼昌には幸隆以外にも数人の男子が誕生していて、矢沢氏など他家の養子となりました。